このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年4月中途入社

木村 美砂

企業主導型保育所きゅうほうじ保育園 施設長
短期大学へ進学し、保育士・幼稚園教諭の資格を取得。卒業後は一般企業へ就職。約5年間勤務し、結婚を機に退職する。2人の子どもの子育てが落ち着いた頃、保育士資格・子育て経験を活かし、保育の道へ。公立保育園、私立保育園で経験を積み、2018年4月に株式会社ライフケアに入社。現在は企業主導型保育所きゅうほうじ保育園 施設長として活躍中。
企業主導型保育所きゅうほうじ保育園 施設長/木村 美砂

Q.株式会社ライフケアへの入社経緯について教えてください。

2人の子どもがいるのですが、2人目の成長がゆっくりだったことで自身の子育てに悩んだ時期がありました。親として何ができるのかと考えた末、「この子のために1から保育の勉強がしたい」と思い保育士として働き始めました。自分の子ども以外の子どもたちと触れることで親としても保育者としても成長できるんじゃないかと考えたからです。それから約10年ほど、公立や私立の保育園で経験を積みました。いろんな月齢や子どもの勉強ができたと思います。その後、オープニングの施設長として当社へ入社。0~2才児の乳幼児に特化している点、グループ内では障がい福祉、発達障がいにも力を入れている点に惹かれ、入社を決意しました。
Q.仕事内容、園の魅力を教えてください。

Q.仕事内容、園の魅力を教えてください。

オープニングの保育園だったので、スタッフと共にゼロから施設を作ってきました。現在、0~2才の園児が19名、社員、パート合わせて9名が所属する園です。いまは通常の保育に加え施設長として、園だよりの作成、行事計画、社員への教育、シフト作成なども行っています。施設長になるのは初めてでしたが、これまでの保育経験や別の園でのリーダー経験を活かして働いています。0~2才というその子の土台を作る大切な乳幼児期に特化して働ける点と、そして園児が19名と決まっているので、子どものペースに合わせてゆったり丁寧に保育ができる点が当園の魅力です。

Q.乳幼児期の子どもへの保育で大切にしていることは何ですか?

当園では子どもたちの”小さなできた”を大切にしています。0~2才の乳幼児期は植物で例えると「芽が出る前の土の中の根っ子」。だからこそ、この乳幼児期の関わりはとても大切だと長年の保育経験から感じていました。この根っ子の時期に「見る・聞く・触れる」を感じたり、関わる全ての人からの愛情やいろんな刺激を受けることで、すくすくと心と体が育ちます。この大切な乳幼児期に丁寧に関わり「一人ひとりの笑顔の花がたくさん咲くように…」という思いで働いています。乳幼児期に関わりたい方や経験を積みたい方には最適な職場です!
Q.ライフケアグループで働く魅力を教えてください。

Q.ライフケアグループで働く魅力を教えてください。

ライフケアグループには保育園以外にも高齢者福祉や障がい福祉など、さまざまな事業所があります。核家族が増えてるので、おじいちゃんやおばあちゃんとの触れ合いも子どもにとっては貴重な体験。そういった体験がグループ内で気軽に行える点は働く上でも魅力です。たまに放課後等デイサービスにお手伝いで働いたり、休日のイベントを一緒に行ったりするのですが、発達障がいなどのお子さんとの関わりも勉強できる環境です。また他の事業所の社員と関わることで刺激になりますし、勉強になっています。この点はライフケアグループで働くメリットだと思います!

★最後に応募者へのメッセージをお願いします!

当園は体を動かす活動、歩く活動を大切しています。先生同士の仲も良く、和気あいあいとした明るい園です。20~50代までの幅広い年齢層が活躍しています。また当社は社長の思いでもある「仕事を楽しもう」という風土が根づいています。そのため、「驚きと感動のある保育」を目指し、子どももスタッフもワクワクできるイベントや保育を行っています。ブランクのある方、経験の浅い方も歓迎です。ぜひ「楽しんで保育がしたい」「子どもの発達を大切にしたい」「乳幼児期の子どもと丁寧に関わり合いたい」という方と働けたら嬉しく思います!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

保育士に関連する求人票を見る